【この差って何】長生き朝ごはんとは?元気な100歳が毎日食べている朝ごはん

2019年3月19日(火)に放送された「この差って何」では「新宿を闊歩するお洒落100歳&毎日5時間畑仕事する101歳…こだわりの「長生き朝ご飯」がスゴイ」ということで長生きおじいさんの朝ごはんが紹介されます。

 

これで長生きできるようになるかはわかりませんが、気になる内容ですね。ということで今回はこの朝食を紹介します。

具体的には

 高血糖  高血圧  筋肉を維持  骨を強くする

ための朝食が紹介されています。

 

出演者

MC:加藤浩次&川田裕美

パネラー:土田晃之・上地雄輔/安藤和津・大和田美帆・かたせ梨乃・はいだしょうこ・峰竜太・向井康二(Snow Man)

VTR:篠原信一・下嶋兄・黒沢かずこ(森三中)

そもそもなぜ朝食を紹介するのかというと、端的に言うと長寿と朝ごはんは関係がある。からです。

みなさん、昼食・夕食は毎日変わるけど、朝食はあまり変わらなくないですか?つまり、朝食はほぼ同じようなメニューを365日食べ続けることになります。それだけ朝食が生活、いや人生に与える影響は大きいと言うことです。

高血糖対策によい長生き朝ごはん:七分つき米と焼き海苔

佐藤茂子さん(101歳)の朝食の紹介です。まずはこの方のすごさをみんさんにお伝えします。

・なんと三鷹から週に1回は買い物しに一人でで新宿まで来られるそうです。めちゃんこ元気ですね。

・趣味はなんとピアノ。認知症予防に毎日30分もピアノを弾いているそう。

・健康診断のすべての項目で「異常を認めず」です。中でも、血糖値は…正常値に入っていると、普通は80歳を超えると110を超えて正常値から外れるらしい

いかがですか?佐藤さんすごすぎますよね。

朝ごはんのポイント:七分つきのお米を使ったご飯と海苔

卵焼き 黒豆の煮物 カツオの角煮 焼き海苔 味噌汁 ごはん

です。さて、この中で高血糖対策によい食べ物は…

卵焼き 黒豆の煮物 カツオの角煮 焼き海苔 味噌汁 ごはん

です。実はこのごはんはただのお米ではなく

「七分つき米」

というお米です。七分つき米というのは白米になる前の一皮ついているお米のことを言います。もう少し正確に言うと、玄米の皮をなどを約7割だけ落としたお米なのです。

 

そもそも、血糖値が気になる人はパンかお米のどちらが血糖値上昇に効果的かというとご飯の方が効果的です。それはお米の方が消化吸収に時間がかかるのが理由なのですが、この七分つきお米がは精米したお米よりも食物繊維が豊富に含まれているのです。

食物繊維があることによって、糖の吸収がゆっくりとなるため、七分つき米が高血糖対策に効果的なのです。

さらに、ノリと一緒にたべることはさらに高血糖対策になっているとのこと。というのもノリは食物繊維が豊富が含まれている殻です。

実は佐藤さんはチョコレートが大好物らしいのです笑。番組内でも引き出しの中に大量のチョコレートが入っているシーンが写っていました。こういうことからも朝食が高血糖対策になっている証拠だと感じます。

 

NEXT:高血圧対策によい長生き朝ごはん