初めての海外旅行トラブル あるある事例と私の経験ランキング(4位)~ゲストハウス~

こんにちは、すけ屋です。

私は海外旅行に行くときに泊まるのはほぼ全てゲストハウスです。(家族旅行は別)

ゲストハウスの特徴としては

・料金が安い

(東京で例を挙げれば、ホテルが10,000円のところがゲストハウスだと3,000円で宿泊できます。)

・ドミトリーである

(2段ベットの相部屋。カーテンがあってプライベートスペースが確保されているところもあれば、カーテンすらないとこともある。男女分かれているとこもあれば、男女相部屋もある。)

・トイレとお風呂は共用

(日本ではトイレとシャワーは別部屋だけど、海外だとトイレの個室にシャワーが設置されているところが多い。そうあのトイレの個室の中で便器にお湯をぶっかけながらシャワーを浴びるのです笑)

・宿泊者が集まれるリビングがあることが多い

・ゲストハウスごとに個性がある

といったところでしょうか。

また、安全面が気になる人もいると思いますが、鍵付きのセーフティボックスを用意しているゲストハウスも多いですし、今まで危険を感じることは一度もありませんでした。

さて、そんなゲストハウスで起きたプチトラブルが今回の第4位のトラブルです。

ゲストハウスプチトラブル①シャワーのあとに…タオルがない

みなさんはホテルに泊まる際には何を持って行きますかね?

ホテルには宿泊に必要なものがほとんどそろっているので、泊まるために持って行くものは何もない、という人も少なくないかと思います。

しかし、ゲストハウスに関してはそうはいきません。安い代わりにホテルにはないものがたくさん。ゲストハウスにも寄りますが、最大限必要なものが

・ねまき

・お風呂セット(シャンプーなどは置いてあるゲストハウスが多いですね)

・歯ブラシ、歯磨き粉

・ビーチサンダル(シャワーを浴びるときに必要になることがあります。これもゲストハウスによりますが、日本の場合はほぼ必要ないですね)

・タオル(レンタルがあったり、無料で貸してくれるところもありますが、多くのゲストハウスでは持参します)

といった感じでしょうか。

さて、以前ベトナムは中央のダナンのゲストハウスに宿泊したときのことです。

ここのゲストハウスは確か600円くらいだったと思います。

この価格なのでシャワーに関してはいわゆるトイレの個室とセットになっていて、ビーサン必須で便座がべちゃべちゃになるタイプです。

夏に訪問したこともあり、とっっっっても暑かったのでゲストハウスに到着後すぐにシャワーを浴びました。

べとべとになった体をシャワーで流した後に体を拭こうとしたときにようやく気づきました。

タオルが…ない

ゲストハウスに泊まるのでタオルは荷物に入れました。が、シャワー室まで持ってくるのを忘れたのです。

こういうミスはホテルでもあるかもしれませんが、ゲストハウスでは全裸で部屋までタオルを取りに行くわけにはいきません。

そして私が選択した解決方法は…

ズボンで拭く

でした。ゲストハウスに宿泊したときには必ずタオルを持ってシャワーを浴びに行きましょう。

巨躯の欧米人が…

これはベトナムの次に訪れたラオスでの話。

東南アジアのゲストハウスに行くと、よくいるのがアジア系の人よりも欧米系の人たちです。

彼らは夏休みが4週間以上あるなど我々からすればかなりの長期休みになるので、ゲストハウスなどで宿泊費を抑えながら長期旅行を楽しんでいる人が少なくありません。

私がラオスで宿泊したゲストハウスもそんな欧米系の人たちが多いゲストハウスでした。

この日のラオスはルアンパバーンは激暑で観光を終えた後はかなりぐったり。すぐにぐっすり眠りについてしまいました。

そして、事件が起きたのは深夜…

私がベットで寝ていると、ゴソゴソとなにやら違和感を感じました。

寝ぼけ頭で何か起きているのかなとうっすら目を開けてみると…

上半身裸(下半身は確認できず)の巨躯の欧米人♂が私のベットに潜り込んできました笑

一気に目が覚めると同時に、とっさにおしりの穴に力を入れたのを覚えています笑

暗かったので間違えたのか、私を襲いに来たのかは不明ですが、

「うわーーーーーー」と声を出したら、彼はどっかに行きました。

2泊の予定だったこのゲストハウスをキャンセルして別のゲストハウスに移動したことは言うまでもありません。。。

ゲストハウスは良くないのか?

こういう風書くとゲストハウスはそれなりにデメリットが多いような気もしますが、

私は一人旅&コスパの旅が主体なので

 ・相部屋でも何でも寝られればいい、少しでも安いところがいい

 ・一人旅なので、たまには誰かと喋りたい

 ・ビジネスホテルは個性が弱くどこも大差ない(←個人的感想)ので、個性全面に出ているところがいい

といった理由でゲストハウスをチョイスしています。

先ほど、東京では3,000円くらいと書かせていただきましたが、国によっては数百円。以前ベトナムで宿泊したときには500円くらいでしたし、インドなどでは100円(1USD)くらいというゲストハウスもざらにあります。

何よりもそこでの出会いが最高に楽しいです。

トラブルも0ではありませんが、今では良い思い出です。

それではまた!