海外一人旅、ホテルの宿泊予約には英語が必要?

こんにちは、すけ家です。

前回は、海外一人旅の必須アイテム、航空券の取得について書きましたが、今回は宿についてです。

日本であれば、じゃらんや楽天トラベルで予約する方が多いかと思います。

海外のホテルの予約って、やったことのない人にとってはハードル高く感じますよね。

当時の私も同じで、

・英語がかろうじで読めるが、書くことはほぼほぼ出来ないのでそもそも予約出来るのか??

・旅行会社に手配してもらう手段もあるけど、手数料など取られて高くなるのではないか?

という状態でした。

しかし、何でも一人でやってみたい私の希望は

「個人で手配出来るけど、英語が必要ない、または、簡単な英語だけで済ますことができる」

でした。

ということでハードル高く感じていましたが、調べて見るとあるんですねー。

海外旅行のホテル予約は(ほとんど)英語不要

結果から言うと、(ほとんど)英語不要で宿の予約をすることができました。

それは、海外のホテル予約サイトが日本語サイトを作ってくれているからです。

最近はテレビCMでも海外ホテルの予約サイトが登場するようになりました。

有名どころで言えば、

・AGODA

・Booking.com

・エクスペディア

・トリバゴ

・ホステルワールド etc…

これら全ての予約サイトが日本語だけで(ほぼ)英語不要で検索ができます。

個人情報を入力する際に多少英語で記述しなければなりませんが、「多少」のレベルです。

例えば、、、

名前:山田太郎 → Yamada Taro

住所:東京都港区芝公園4-2-8(東京タワーの住所です。英語の場合、逆から書きます。)

   4-2-8 , shibakouen , minato-ku , Tokyo , Japan

電話番号: 090-〇×〇×-▲〇▲〇 → +8190-〇×〇×-▲〇▲〇

         (頭の0を取って、+81をつけます。+81は国の識別番号です)

くらいです。

初めての入力時には多少緊張しますが笑、名前がパスポートと一致していれば他の部分が多少間違えていても大きな問題は無いと思います。

加えて、最近ではじゃらんや楽天トラベルでも海外ホテルの予約が出来るようになりました。もちろんこちらでも英語は上記の情報を入力する際に必要とされるくらいです。

予約は出来たものの、現地ホテルで英語が必要となるのでは…??

所詮予約はPCとのにらめっこですので、分からない単語などあればその場で調べながら…という対処もできます。

日本のホテルでもそうですが、

・まずはフロントでチェックイン手続きがあり、

・ホテルの設備の説明があり、

・チェックアウトでフロントに申し出る…

確実にホテルマンと話さなければなりません。

(もちろん最近では自動でチェックインできるホテルもありますが)

私も相当ドキドキしながらホテルに入りましたが、これも結論から言うと、難なくクリア出来ました。

というのもホテルのチェックイン時に必要なやりとりはどこのホテルでもそう大差ない作業だからです。

①「check in please」とチェックインしたい旨を申し出る

②だいたい、「passport」という単語が聞き取れる言葉を言われるので、パスポートを渡す。

③ホテルによって予約時に使用したクレジットカードを要求されます。

(と言う意味でも予約時に使ったクレジットカードは必ず持って行きましょう)

何を言われているか分からない場合は、とりあえずクレジットカードを出しておけば問題無いと思います笑

(depositと呼ばれる保証金を取られますが、チェックアウト時に再びクレジットカードを渡せば返金されますのでご安心を。私は最初このお金の意味が分からなくて過剰に請求されたのではないかとドキドキしました笑)

④ホテルの説明をされる。が聞き取れない場合はふんふんと聞き流してもOK笑

以上です。喋ったのは最初の「check in please」だけです。

もちろんチェックアウト時には、カギを渡して「check out please」でOKです。

これなら簡単ですよね!!

海外旅行の予約、宿泊の際には特別な英語力は不要だった

ということで最初はハードルを感じていた海外旅行時のホテル予約&宿泊ですが、最低限寝るだけであれば、特別な英語力は不要でした。

それでもやはりお金を払うのだから不安がある。という人もいなくは無いと思います。

そこで次回の記事では、英語力にめちゃくちゃ不安がある人のための海外旅行宿泊術を書きたいと思います。

それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする