旅のお土産のおすすめ

こんにちは、すけ屋です。

みなさん、旅行行った際に必ず購入するものはなんですか??

そう、お土産です。

でもお土産選びってなかなか難しいですよね。

誰にお土産渡すのか…

何人の人にお土産渡すのか…

予算はいくらくらいか…

などなど、お土産に関する悩みは尽きません。

特に海外旅行の場合はあまりに荷物がかさばりすぎると、航空会社によっては荷物超過で追加料金がかかってくるかもしれない…

そこで今回は、具体的な商品名は行く場所場所によって違うので、どの国に行ってもおおよそ通用するお土産購入テクニックを紹介したいとと思います。

お土産を購入する場所は…スーパーマーケット

さてまずお土産を購入する場所についてです。

場所?と思うかもしれませんが、一般的にお土産はお土産屋で購入するか、空港で購入するものです。しかし、私のおすすめはスーパーマーケットでお土産を購入することです。

なぜスーパーマーケットかというと、そもそもおみやげ商品って結構高いんですよね。

日常であれば全然購入しようと思わない商品でも、旅先では財布のひもが緩んで買ってしまうという経験はありませんか?

そこでスーパーマーケットの購入するという作戦です。

意外かもしれませんが、お土産屋においてあるお土産商品の一部はスーパーマーケットでも販売しています。ブランドなどは限定されることになりますが、お土産屋で購入する場合に比べてかなり安く購入することができると思います。

例えば台湾のパイナップルケーキ、フィリピンのドライマンゴーなどはスーパーマーケットで購入可能です。

また、どの飛行機に乗るかにもよりますが、LCCに乗る場合は空港で購入することをお勧めします。空港は空港でもチェックインを済ませ、航空券を手配した後の購入をお勧めします。

というのもチェックイン前であれば、手荷物の重量を量ることになるため、お土産を購入しすぎた結果重量オーバーで追加料金を支払う…なんてことにもなりかねません。

そこで、チケットを手配した後であれば預け入れ荷物に含むことはできませんが、重量制限に引っかかることはありません。

私は2018年末の高雄旅行の時にこの手段を利用しました。

しかも高雄の空港にはファミリーマートがあり、ファミマ内にもお土産適合品が多数あったため、私はここですべてのお土産を購入しました。

無難なお土産は個別包装のお菓子だが、お菓子がない国ではドリップコーヒーなど

さて、次にお土産の内容についてです。

どこの国にも有名なお土産があるはずです。と思いきや、台湾:パイナップルケーキみたいに代表例があればいいのですが、意外と日本人の口にも合い、かつ有名なお土産は多くありません。

そんな国に行ったときにはお土産をどうしようか迷うものです。

そこで私のおすすめは、特に東南アジアであれば

ドリップコーヒー

がお勧めです。

ドリップコーヒーがお勧めな理由は

・小分けができる

・大人であれば、コーヒーを飲まない人の方が少数派

・細かくは味の違いがあるものの、めちゃくちゃ大きな味の差はない。日本でコーヒーを飲むことができる人であれば、どの国のコーヒーを飲んでも大体大丈夫。

・1個当たりの単価が安い

などの理由です。加えて1個1個も軽いので、持ち運びに苦労も少ないですよね。

ドリップコーヒー以外であれば、日本語が書いてあるコンビニ商品、日本にもある商品の現地語バージョンなどをよく購入します。

海外の食べ物は苦手という人も少なからずいるので、比較的なじみのあるものであれば喜んでもらえる可能性が高いです。私が過去に購入した商品としては、ベビースターラーメン、プリッツのトムヤンクン味、などなど。これらも単価が安いので購入しやすいです。

ちょっと高めのお土産を購入する人には…

人によってはちょっと高めのお土産を購入する、ということもあるかと思います。

これも上げる人を見極めながらですが、お勧めなのは

スタバのタンブラー

です。最近はほとんどの国でスタバがあります。そしてその国限定のタンブラーがあります。

ただ結構殺風景なデザインが多いのですが、例えばロシアの一部店舗で販売されているマトリョーシカデザインのタンブラーはデザインもかわいいので喜ばれますよ!!

それではまた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする