【世界一受けたい授業】ピンク筋を作るスクワットダイエットのやり方を紹介!その効果は?

2019年3月16日(土)の「世界一受けたい授業」では「脂肪も糖も睡眠中に消費!夢の筋肉・ピンク筋とは」ということで、ピンク筋肉が紹介されます。

ダイエットで一番理想的なものは

筋肉を付けて基礎代謝を上げることによって、自然とやせれるような身体を作りたい。

というものだと思います。しかし、実は筋肉の質によって痩せやすい筋肉があるそうです。それが番組で紹介された「ピンク筋」です。

そこで今回の記事ではピンク筋とその筋肉をつけるためのトレーニングを紹介します。

出演者

校長先生:堺正章 

教頭先生:上田晋也(くりぃむしちゅー) 

学級委員長:有田哲平(くりぃむしちゅー) 

生徒役ゲスト:熊田曜子、佐藤栞里、島崎和歌子、新川優愛、マリウス葉、山田親太朗、横澤夏子

ピンク筋とは?

筋肉の質には大まかに分けておもに2種類あるそうです。それは…

マラソンをするときのように持久力がある筋肉である「遅筋(ちきん)」とベンチプレスをやるときのように瞬発的に大きな力を生み出すような筋肉である「速筋(そっきん)」の2つです。

これらの筋肉の違いを色で表現しつつ、その特徴を表すと

●遅筋=赤い筋肉 … 脂肪を燃焼させる

速筋=白い筋肉 … 糖分を燃焼させる

ということになります。赤い、白いと表現していますが、実際に筋肉細胞が赤く、白くという風みえるのでその名前がついているのです。

これらの筋肉を鍛えるためには

●赤い筋肉ならば、ジョギングなどの有酸素運動

●白い筋肉ならば、スクワットなどの筋力トレーニング

を行う必要があります。しかし、双方の筋トレをやるよりは1つのトレーニングで両方をガバーすることができればそれに越したことはないですよね。これを可能にしているのが「ピンク筋トレーニング」になります。

ピンク筋とは?

先ほど

●遅筋=赤い筋肉 … 脂肪を燃焼させる

速筋=白い筋肉 … 糖分を燃焼させる

と書きましたので、もう想像がついている人も多いと思いますが、そうなんです。ピンク筋とはまさにこのことで、両方の筋肉の特徴を持ち合わせた筋肉のことを指しています。

つまり、ピンク筋は脂肪も糖も消費するというダイエットには最適な筋肉なのです!

ピンク筋の働き

通常赤筋は身体を動かすとき、姿勢を維持するときに使われ、そうすることによって脂肪を使います。一方、ピンク筋は身体を動かさないときに脂肪を燃焼させることが分かっているらしいのです。つまり睡眠中に脂肪や糖を消費できるのです!!すごいですねーー

脂肪を消費するタイミング=睡眠中

そんなダイエットの味方のピンク筋なのですが、そもそもピンク筋がそんなに多くはないので、いかにピンク筋を増やすかということが大切だとのことです!!

ちなみにピンク筋とは、白筋に糖を消費しやすいミトコンドリアが多く含まれるようになることによって出来るみたいです!