【冷凍食品総選挙】人気の冷凍食品ランキングベスト30!枝豆のペペロンチーノなどのアレンジレシピも紹介

第3位:エビピラフ(325円)ニチレイ

これはもう定番ですよね。自分で作るとなかなかぷりぷりに作ることができないエビピラフですが、これなら間違いないですよね。これがエビピラフの味とてい記憶されている人も少なくないのでは?と思います。

ぱらぱらなピラフですが、急速冷凍で冷凍されているからです。なんとこの急速冷凍ですが、通常企業秘密ですが「キッザニア」でその体験ができるとのことです。キッザニアでは粉末状のドライアイスを入れて作ることができるそうですよ。お子さんがいらっしゃるかたは是非体験してみては?

なお、レンジでチンするときにはエビをご飯の中に埋めてからチンしたほうがエビのぷりぷりが保たれるそうです。

アレンジレシピ:リゾット

牛乳とチーズと一緒に煮込めばリゾットができます!

第2位:大阪大将羽根つき餃子(215円)イートアンド

恐ろしく画期的なこの商品。別に餃子に羽があったからって味に大きな変化があるわけでもなさそうですが、見た目が圧倒的に芸術的になりますよね。しかも作るのもとっても簡単!

この商品は500回もの試作をして作られたそうです!その努力の結果、ふたもせずに簡単に調理をすることができます。しかも油も使わない。水も使わない。本当にフライパンに餃子を並べて焼くだけ。本当にこれだけ。じつは冷凍するときに水も油も一緒に凍らせているのです。世界一の冷凍餃子といっても過言ではありませんね。

第1位:本格炒めチャーハン(315円)ニチレイ

なんとこのチャーハン、18年連続で売上1位を誇るこの商品、なんとこの商品だけで100億円をうりあげるそうです。すごすぎますね!家庭の冷凍チャーハンといったらこれ!というご家庭も少なくないと思います。

一口食べるだけで口の中に肉のうまみが広がるほどジューシーなチャーシューを使っています。またご飯はパラパラ感を出すために水分量を少なめにしたご飯を使用しています。さらにご飯に卵をコーティングすることでご飯同士がくっつかないように焼き上げます。最後に250度の熱風を吹きかけることによってパラパラ感を出しています。この250度というのは職人がチャーハンを炒めるときに空間に内の温度が250度になること研究して突き止めたとのこと。

冷凍チャーハンにかけるこだわりが半端ないです。これがおいしさの秘訣なんですね。

まとめ

冷凍食品は手抜きなんて思われがちですが、ここまで本格的に進化した冷凍食品であれば十分に家庭での手作りに対抗できそうですね。外で食べるのに比べてコスパもいいし、我が家でも冷凍食品を使う頻度が上がりそうです!