【一番だけが知っている】IQ188の太田さんの進路と脳みそ解析の結果は?そのルーツは?

2019年4月8日に放送された「一番だけが知っている」では、IQ188で有名になった太田三砂貴(みさき)さん(24)が再び登場しました。

出演者

MC: 坂上忍/森泉  

ゲスト: 山下智久  

パネラー: 北村晴男、黒沢かずこ(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、堀田茜、小芝風花  

進行: 伊東楓(TBSアナウンサー) 

IQ188の太田さんとは?

以前の放送でIQ188の太田さんが紹介されました。その太田さん、非常に優秀な頭脳の持ち主なのですが、優秀と言う言葉でくくれるものではなく、なんと5億人に1人のIQの持ち主とのことです。(東大生の平均値が120らしいです。)

そんな太田さんですが現在は無職、その天才さゆえに周囲からの理解をえることができず、大学も卒業しておらず、やっとのことで就職したIT企業では高卒という学歴からコールセンターに回されていたとのこと。

海外に居場所を求めるも、大卒でないことから全く相手にされなかったそうです。。。なんとも不遇な人生ですが、番組で紹介されたことがきっかけで海外でも知られることになり、いろいろな組織からオファーが入るようになったそうです。

その他、太田さんの点差いっぷりは

・小学校のころに相対性理論を理解し、アインシュタインの時間への感性に感銘を受ける

・高校生の頃にメンサ(高IQの集まり)に最年少で合格。特に他のメンサ会員がなかなか解けない問題もあっさりととりてしまったとのこと

・IQ188で歴代最高点だった

・高校では大学レベルの物理と数学を学んでいた

・3ヶ月で英会話をマスター

・誰にも習うことなく独学でピアノが引けてしまう。また協奏曲の作曲も簡単に出来てしまう

・黄金比を感覚的に理解し、絵も独学でプロ級

NEXT:ルーツ、脳の構造、進路