【美と若さの新常識】ストレッチでめざせ!美しくスタイルをよくする方法を紹介

2019年3月20日(水)の「美と若さの新常識」ではストレッチで美しいスタイルを作る方法を紹介しています。

これは気になりますね!…かなり!ということで今回は美スタイルを作るストレッチを紹介します。

 

出演者

司会:フットボールアワー,

ゲスト:遼河はるひ,関根麻里,白鳥久美子,

出演:料理研究家…和田明日香,玉遙香,

解説:早稲田大学教授…金岡恒治,近畿大学准教授…谷本道哉ほか

美スタイルの決め手は柔らかい筋肉

ミスユニバースの加藤さん。加藤さんお体の柔らかさを得点化すると…

なんと89点でした。歪みや筋肉の硬さはほとんどなくほぼ完ぺきな肉体だということです。。。さすがミスユニバースです…

ちなみに普通の人の平均得点は50点です。

 

ストレッチの前に深筋膜をはがす

深筋膜は筋肉と脂肪の間にある膜で、体を動かすときに深筋膜が脂肪にくっついていると筋肉が動かなくなってしまいます。そこで深筋膜をはがす必要があるのです。

番組で紹介されていた女性は膜をはがした後ではなんと前屈が19cmも変化していました!これはすごい!!

深筋膜のはがし方

やり方は結構簡単で、「皮膚の下の脂肪をつまんでいるだけ」なのです。

1、まずは前屈をして、自分が固いと思う場所を探す

2、そこの脂肪をつまんでぐりぐり動かす

番組では、背中の脂肪や肩の脂肪、太ももの裏の筋膜をはがしていました、番組で紹介された女性はなんと深筋膜はがしの前後で19cmも深く前屈できるようになっていました。

 

なお、深筋膜はがしを行うだけではだめで、その後にストレッチをすると柔らかさが維持されるそうです。

 

美スタイルの秘訣は太ももと背中

早稲田大学の金岡先生によると、ミス日本の加藤さんのストレッチの中

ハムストリング(ふともも)の柔らかさが大事

ハムストリングが柔らかいことで骨盤を動かすことができ、骨盤の調整、具体的には前に傾けることができるようになります。

ハムストリングが硬くて縮こまっていると、骨盤が後ろに引っ張られてお尻が下がってしまうそうです。

背中の柔らかさが大事

骨盤が前に傾くと体が前に傾く力が必要になるので、それを後方に戻すためには背中の柔らかさが必要となるのです。

このようにハムストリングと背中の柔らかさがあるとモデルのような体系を作ることができるとのことです。

NEXT:ストレッチのやり方