【この差って何ですか】6月に多い食中毒と天気痛の対策~よしお兄さん登場~

6月に多い天気痛

天気が悪くなると頭痛がしたり、古傷が痛むといった人も少なくないと思います。これは「なんとなく」などではなく「天気痛」というれっきとした病気だそうです。

元体操のお兄さんのよしおお兄さんも天気痛があるそうです。番組ではよしお兄さんと一般の方が体を張って天気痛の実験をしてくれていました。

天気痛の原因、それは愛知医科大学の佐藤先生が説明してくれました。天気痛は高気圧の状態から低気圧に急激に変化することによって、その人が持っていた痛みが誘発されることがあるそうなのです。

耳の奥にある内耳で気圧の変化を感じ取っているのですが、天気痛になる人は内耳での気圧の変化を敏感に感じ取りやすいそうなのです。

対処方法

耳を温めることで血行を良くする

ことで対処できるそうです。

 

いかがでしたか?特に天気痛がある人は、「耳を温める」を意識してみたいですよね。